最初は丁寧読みましょう│洋書の読み方

読み方のコツに関して、一つ書いておきたいと思います。

洋書を読むときは、最初の数ページは丁寧に読んだほうが良いということです。

その理由は2つあります。

それぞれ、見ていきましょう。

人間関係や設定を理解しておかないと後々辛いことに

小説を読むときに、登場人物や状況設定を理解しておく必要があります。

そして、それが書かれていることが多いのが書き出しの部分です。

凝った小説だと、敢えて最初に書かないこともあるんですけどね。

状況設定やら登場人物やらを理解しておかないと、ストーリーを追うことが難しくなると思います。

話の途中で、主人公の置かれている状況がわからないと苦しいですよね。

登場人物間の人間関係がわからない場合も困ってしまいます。

シリーズものの2冊目以降なら良いのですが、そうでない場合は丁寧に読んだほうが良いと思います。

途中の部分は多少読み飛ばしても、何とかストーリーはつながるものです。

難しくて理解できない部分があっても、全く分からないという事にはならないでしょう。

とりあえず、最初だけは丁寧に読んでおきましょう。

最初の部分以外でも、新しい登場人物が出てくるシーンも丁寧に読んだほうが良いでしょうね。

これもちゃんと理解しておかないと、ストーリーを追うのが難しくなります。

最初は難しいことが多い

最初の部分を丁寧に読んだほうが良いもう一つの理由は、他の部分に比べて表現が難しいことが多いと言うことです。

小説の書き出しは、その他の部分に比べ凝った表現を使うことが多いようです。

小説家も気合が入っているのでしょうね。

あるいは、情景描写が多いのが難しくなるのが原因かもしれません。

情景描写は会話や動作の表現に比べて、使用頻度の少ない単語を使うことが多いようです。

何れにしても、難しいので丁寧に読んだほうが良いと思います。


タグ: , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。