キャリー

Carrie (King Classics)
Carrie [Audiobook, Unabridged] [CD]

スティーブン・キングの最初の長編小説としても有名な作品です。

映画にもなっていますね。

話にグイグイ引きこんでいくテクニックは、さすがだと思います。

でも、ちょっと単語は難しいかな。

あらすじ

高校生3年生のキャリー・ホワイトは卒業を控えていた。

ある日の体育の授業後に、キャリーは初めての生理になる。

生理の知識が全く無かったキャリーはパニックになってシャワー室でうずくまってしまう。

そして、その様子を同級生たちに揶揄されるのだった。

この事件を期に、キャリーは自分に念動力がある事を思い出す。

 

キャリーをからかった事に自責の念を感じていたスーザンは、罪滅ぼしに自分のボーイフレンドとキャリーを卒業前のダンス・パーティー参加させる事を思いつく。

スーザンの計画は上手くいき、キャリーはダンスパーティーにスーザンのボーイフレンドと参加することになった。

しかし、そのダンスパーティーでは、キャリーを陥れるための大掛かりないたずらが計画されていた。

そのいたずらが引き金となり、キャリーの念動力が暴走する。

街は壊滅的な被害を受ける。


Carrie (King Classics)
Carrie [Audiobook, Unabridged] [CD]



タグ: , , ,

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。