洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

朗読CDと一緒に洋書を読む リスニング力も同時に

注:

このページは「英語朗読CD を利用する」の補足になるのかな?
朗読CDを使って、リスニング力もつけてしまおうという方法のご紹介です。
このページから読み始めても問題ありません。

朗読CDを使ってリスニング力もつける

さて、「リスニング力をつける」といっても、特に難しい事をするわけではありません。
朗読CDを聞きながら、洋書を読むだけで十分です。

こうすることで、基本的な単語の発音を覚えることが出来ますし、英語のリズムや音の崩れなども自然に身に付きます。

もちろん読む力も身に付く

朗読CDを聞きながら読むことで、読む力ももちろん身に付きます。

朗読CDが英文を読むスピードは、通常私たちが英文を読むスピードよりも速いことが多いでしょう。
そのスピードについていくように読むことで、リーディング力のアップも期待できるのです。

声を出すか出さないか

さて、朗読CDと一緒に読むときに、黙読するか音読するかはどうしたら良いでしょうか?

なれないうちは、音読するといってもちょっと無理があります。
おそらく、ついていけないでしょうから。

慣れてきた頃に、音読も取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、音読をするときはヘッドホンを使う事をおすすめします。
自分の声で朗読の音声が聞こえなくなると、リスニング力を伸ばす効果がなくなってしまいますから。

安いものでいいと思うので、ヘッドホンは使ってみてください。

ちなみに

ちなみに、音声を聞きながら英語を読むことには名前が付いているそうです。

音声を聞きながら黙読する事をシンクロリーディングといい、音声を聞きながら音読する事をパラレルリーディングというのだそうです。
もっとも、パラレルリーディングとシンクロリーディングが同じ意味で使われることもあり、定義は曖昧みたいですけど。


さて、具体的に何を読めばいいでしょうか?
ちょっと長くなったので、ページを分けました。
朗読CDと一緒に洋書を読む 何を読むか」をご覧下さい。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

どうやって勉強するのか

辞書を使うのか?
同じ本を繰り返し読む
難しい本を選ばない
どのくらい読めば効果がある?
朗読CD を利用する

英語の正しい発音を知る 発音を矯正する

英語リスニング勉強法上達の方法 英語のリスニングが出来るようになるには、どうしたら良い?

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください