洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

朗読CDと一緒に洋書を読む 何を読むか

注:

このページは「朗読CDと一緒に洋書を読む リスニング力も同時に養おう」の続きです。
途中からだと分からないと思うので、先にそちらをご覧下さい。

何を読むか

さて問題は、具体的に何を読むかです。
条件を考えてみましょう。

まずは、音声CDが手に入りやすいこと。
これが無いと、始まりませんからね。

次に、朗読のスピードが重要です。
朗読を聞く人の英語力にもよりますが、あまりスピードが速いものはついていけなくてうんざりしてしまいそうです。
もちろん、最終的には速いものでも対応できないといけないのですけどね。

さらに、使用される単語や文体も気になるところですね。
難しすぎる本は、聞いていて辛いと思います。
まあ、この辺りは、普通に洋書を選ぶのと同じ感じでしょうか。

具体的に何を読むか

上に挙げた条件をもとに、具体的に何を読んだらいいか考えて見ましょう。

まず、やさしいのが「英語で読む昔ばなし」シリーズでしょう。
この本はCDが付いているし、値段も手ごろなのでおすすめです。
朗読は比較的ゆっくり目で、文体もやさしいです。
ただ、使用される単語のレベルが高いものが混じっていますけど。

ラダーシリーズ」もいいと思います。
このシリーズは、レベル別に分けられているので、本を選ぶときに選びやすいです。
さらに、朗読音声をダウンロードできるサービスもあります。

洋書では、「Fantastic Mr. Fox」とか「Charlie and the Chocolate Factory」などでしょうね。
ネイティブの小学生向けの作品からはじめるのがおすすめです。
amazon.co.jp でCDと洋書を一緒に買うことが出来ます。

もう少し難しいものがよければ、「Holes」とか「Harry Potter and the Philosopher's Stone」とか、あとはご自由にという感じです。
有名な作品の多くで、朗読CDも発売されています。
ご自分の好きなものを選んでください。

注意して!

尚、洋書の朗読CDを買うときは、「unabridged」である事を必ず確認してください。

unabridged が完全版、abridged は省略版です。
amazon.co.jp などでは、必ず書いてあるのですぐに分かります。
間違ってabridged を買ってしまうと、悲惨ですからね。

一回聞くだけではもったいない

朗読CDは一回聞くだけではもったいないです。
何度も繰り返し聞いて、もとを取ってくださいね。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

どうやって勉強するのか

辞書を使うのか?
同じ本を繰り返し読む
難しい本を選ばない
どのくらい読めば効果がある?
朗読CD を利用する

英語の正しい発音を知る 発音を矯正する

英語リスニング勉強法上達の方法 英語のリスニングが出来るようになるには、どうしたら良い?

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください