洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

洋書を読むには語彙は必要

英語が出来る日本人でも知らない単語はいっぱい

英語の洋書を読むには、語彙は必要です。
英単語を覚える事をおすすめします。

英語のレベルが高い人というと思い浮かべるのが、TOEIC 900点以上の人とか英検1級の人です。
さて、このレベルの人たちは、洋書を簡単に読めてしまうのでしょうか?

英検1級とかTOEIC 900点といっても幅がありますから、一概には言えません。
でも、一定割合の人が洋書を読むのに相当苦労をすると思います。
もちろん、簡単な本はある程度大丈夫でしょう。
でも、「どんな本でもスラスラ読める」というふうにはいかないでしょうね。

このレベルの人たちは、文法などにはほとんど問題は無いはずです。
では何が問題になるかと言うと、知らない英単語が多いと言う点です。
あと、口語体が分からないと言う問題もあるかな。
口語体に関しては本題から外れるので、ここでは議論しません。

何でそんなことが言えるのか

上に書いたように、英語上級者であるTOEIC 900点以上の人や英検1級保持者でも語彙が足らないと考えます。
なぜ言えるのかというと、次のような事情によります。

英和辞典には、重要語に印をつけているものが多いのはご存知でしょう。
「*」や「†」などのマークが付いています。
手元にある新グローバル英和辞典を見てみると、これらのしるしの付いた単語は全部で11,500語あるそうです。
英検1級の語彙レベルが1万語から1万5千語と聞いたことがあります。
それに近い数字と考えていいでしょう。

さてここで、実際に洋書を手にとって、多少難しいと思われる単語を調べてみました。
そうすると多くの単語が、重要語のしるしが付いていないことが分かったのです。
個人的には、「多少難しいとは思うけど比較的よく使う」と思うような単語でも、印が付いていないことが多かったです。

客観的に考えて、これらの単語は英検1級取得者でも知らない単語である確率が高いです。
ここから判断すると、英検1級やTOEIC 取得者でも、洋書を読んでいると知らない単語がゴロゴロ出てくることがわかります。

少しでも多くの単語を覚えよう

洋書を読むのに語彙は必須です。
特に、読める本の範囲を広げたいと思っている人にとっては、欠かせないものです。

しかし、そうすることは簡単ではありません。
日本人としては相当英語が出来るレベルの人でも、知らない単語がたくさん使われているのです。

英単語を一度にたくさん覚えることは難しいです。
幅広い本を読みたい人は、徐々に語彙を身につけていきましょう。

知っている単語を増やすには、積極的に単語を覚える努力が必要でしょう。
単語帳の利用など、色々工夫して頑張って下さい。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

英単語を覚える 実際に自分が試してみた方法を中心にご紹介しています。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください