洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

ハリー・ポッターと賢者の石│あらすじと感想│おすすめの洋書

あらすじ

ご存知の方も多いと思います。
ただ、全く知らない方もいらっしゃると思うので、さわりだけ。

両親をなくし、叔母一家とともに暮らすハリー。
彼は小学校を卒業し、中学入学を控えていた。

そんなある日、ハリーのもとをハグリッドという大男が訪れる。
ハグリッドは、ハリーが魔法使いであること、魔法学校の入学を許可されていることを告げる。

9月1日の朝、キングスクロス駅9と4分の3ホーム発の汽車に乗り込み、ハリーの魔法の世界での生活が始まった。

英文の読みやすさ

対象年齢は小学校高学年以上でしょう。
ハリーの年齢から考えると、そのくらいだと思います。

私個人の感覚としては、子供向けの本としては難しい方かなあといったところです。
具体的には、使われている単語のレベルも高めですし、文学的な表現も多いように感じます。

また、魔法の世界を表現するために、古臭い単語や造語を使ったりすることもあります。
このあたりも、難しいポイントでしょうね。

それでも、大人向けの小説に比べれば、ずっとやさしいです。
ハリー・ポッターの日本語小説や映画に触れて、興味を持っている人は試してみても良いでしょう。


Harry Potter and the Philosopher's Stone amazon.co.jp だと、他の人のレビューがチェックできますよ。これが参考になります。

タイトルについて

余談ですが、タイトルについて、少し説明しておきます。

「ハリー・ポッターと賢者の石」には二つの英語タイトルがあります。
一つは、イギリス版のHarry Potter and the Philosopher's Stone でもう一つがアメリカ版のHarry Potter and the Sorcerer's Stoneです。

本来、「賢者の石」を英語ではPhilosopher's Stone と書きます。
しかし、アメリカ人には伝わりづらいだろうと言うことで、アメリカ版はSorcerer's Stone というタイトルになったようです。

ちなみに、「賢者の石」は中世の錬金術に関連した用語で、物語中でも関連の記述があります。
Sorcerer と言う単語は、魔法使いとか魔術師という意味です。
錬金術をにおわすニュアンスはなくなっています。
その意味では、アメリカ版の方が、タイトルとしては浅いように思えます。

朗読CD

洋書を読むときにおすすめなのが、朗読CDの利用です。

洋書の読書は優れた学習法だと思いますが、音声の学習が出来ないのが難点です。
しかし、朗読CDを利用することで、音声の部分を補うことが可能なのです。

朗読CDは比較的ゆっくりとしたスピードで、発音も聞き取りやすいです。
書籍と同時に手に入れることをおすすめします。

Harry Potter & the Philosopher's stone (CD)


Harry Potter and the Philosopher's Stone
Harry Potter and the Philosopher's Stone(CD)



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

おすすめの洋書 学習者向け

ラダーシリーズ
ペンギン・リーダーズ
英語で読む昔ばなし

おすすめの洋書 子供向け

Fantastic Mr. Fox
Charlie and the Chocolate Factory (チャーリーとチョコレート工場)
Holes (邦題:穴)
Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターと賢者の石)

やさしいビジネス洋書

金持ち父さん貧乏父さん Rich Dad, Poor Dad
チーズはどこに行った Who Moved My Cheese?

洋書で読む おすすめの…

洋書で読む おすすめのミステリー

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください