やさしい洋書ハリー・ポッターの読みやすさ

常識で類推できないことも多い 【12ページ】【13ページ】

A man appeared on the corner the cat had been watching, appeared so suddenly and silently you'd have thought he'd just popped out of the ground.

12ページにある、ダンブルドアの登場シーンです。

ドラ猫の視線の先に、男が現れる。
しかも何の予兆もなく、音も無く、突然男が現れるのです。
その感じを読み取れますか?

ファンタジーの場合は、常識はずれの事が起こります。
常識から推論して理解すると言うようなことが出来ないのは、なかなか大変です。
純粋な英語力だけで読まないといけません。



He turned to smile at the tabby, but it had gone. Insted he was smiling at a rather sever-looking woman who was wearing square glasses exactly the shape of the markings the cat had had around its eye.

続いて、13ページのマクゴナガルのシーン。
猫の姿をしていたマクゴナガルが、人間の姿に戻ります。
これも英語力が無い人には難しいんじゃないかなあ。

ダンブルドアがドラ猫の方に微笑みかけた・
そこには猫ではなくおっかない顔をした女の人が立っていた。

そんな姿を読み取れたでしょうか?

やさしい洋書で英語を学ぶ│おすすめ英語学習法
洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証


過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]