やさしい洋書ハリー・ポッターの読みやすさ

会話文の難しさ 【15ページ】

He'll be famous -- a legend -- I wouldn't be surprised if today was known as Harry Potter Day in future -- there will be books written about Harry -- every child in our world will know his name!

ハリーをダーズリー家に預けると言う決断に対し、マクゴナガルが意見するシーンです。
話し始めた段階では、考えがまとまっていないので、きれいな文の形はしていません。
思いつくままに話している印象です。

中学・高校の勉強では、このようなまとまっていない文を読むことはほとんど無いはずです。
しかし、実際の小説の中ではこのようなものも当然出てきます。

今回はそれほど難しくはありませんが、悩まされる事だってあると思いますよ。

やさしい洋書で英語を学ぶ│おすすめ英語学習法
洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証


過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]