やさしい洋書ハリー・ポッターの読みやすさ

会話文中の省略表現が難しい 【17ページ】

'Couldn't you do something about it, Dumbledore?'
'Even if I could, I wouldn't.'

'Couldn't you do something about it, Dumbledore?' というセリフはマクゴナガルのものです。
ハリーの額の傷について、何とかできないかとダンブルドアに訪ねています。

ダンブルドアの返答は'Even if I could, I wouldn't.' というシンプルなものです。
本来ならある、動詞・目的語などを丸々省略しているのが分かります。

会話文の中には、省略している表現がよく出てきます。
こういう省略も、受験英語ではそれほど扱いません。
もっとお行儀のいい、英語しか扱わないのです。

省略があるのだと理解した上で、意味を取ることが出来ないと、正確に読んでいくことは難しいはずです。

やさしい洋書で英語を学ぶ│おすすめ英語学習法
洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証


過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]