やさしい洋書ハリー・ポッターの読みやすさ

古い言葉が使われる 【56ページ】

A plump woman outside an apothecary's was shaking her head as they passed, saying, 'Dragon liver, sixteen Sicles an ounce, they're mad ...'

ハリーがハグリッドとDiagon alley を通るシーンです。
薬局の前で太った女性が「ドラゴンのレバーが…」と話しています。

ここで注目はapothecary's と言う表現。
「薬屋」という意味なのですが、敢えて古風な単語を使っています。
最近の英語ではa pharmacy とかa drugstore という言葉を使います。

敢えて古い言葉を使うことで、Diagon alley の古めかしい感じを演出しているようです。

ハリー・ポッター シリーズでは、演出のために、敢えて古い単語を使うよう事があるようです。
魔法使いが使う鍋にcauldron という単語を使っていますし、ダンブルドアが感嘆語としてalas という単語を使います。
alas は悲しみや心配を表す言葉ですね。
日本語で言うと、「ああ」という感じでしょうか。


その他の部分をちょっと補足しておきましょう。

Sicle は魔法の世界でのお金の単位の一つです。
作者のローリングによる造語です。

plump は太ったと言う意味です。

やさしい洋書で英語を学ぶ│おすすめ英語学習法
洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証


過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]