やさしい洋書ハリー・ポッターの読みやすさ

ハイフンで作る造語が多い 【9ページ】

Mr Dursley, however, had a perfectly normal, owl-free morning.

ハイフン("-")でつないでいく表現も、時々出てきます。
ローリング自信の造語も多いようです。
最初の方のページに出てくるのは、次のような単語です。

・good-for-nothing
・You-Know-Who
・severe-looking

こういう表現にも慣れていない人は、難しく感じるかもしれませんね。

まあ、多いと言っても、それほどの数でもありません。
これが出来なくても、ストーリーに支障があるほどではないでしょう。

理解できると、もっと面白く読めると言うことです。

やさしい洋書で英語を学ぶ│おすすめ英語学習法
洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証


過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]