洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

辞書を使うのか?│洋書を使ってどうやって勉強するか

辞書を使わないのが基本です

洋書の読書をするときに、辞書を使うのかどうかが気になる人は多いでしょう。
私の個人的な考えとしては、基本的には辞書を使わないほうが良いのではないかと思います。

洋書の読書の良いところは、読書として楽しめる点です。
分からない単語が出るたびに辞書を引きながらと言うのでは、正直に言って楽しめません。

また、辞書を引きながら読むと、どうしても時間がかかってしまいます。
一冊の本を読むのに、2ヶ月も3ヶ月もかかっていたら、イヤになりますよね。
また、空いている時間を利用できると言う、洋書読書のメリットもなくなってしまいます。

続けるのに努力がいる学習法を選んでしまうと、結果的に自分のやる気をそぐことになってしまうでしょう。

辞書なしでも読める本を

辞書なしで洋書を読むわけですから、辞書なしでも読める本を探す必要があります。
最低限、ストーリーは追える程度の難しさの本を選んでください。

ちょっとむずかしめの本を読みたいときには、行の下に日本語訳がついている学習目的の本や、対訳がついている本を選ぶと良いでしょう。
これは別のページでご紹介します。

時には辞書を使ってみるのも勉強になる

基本的には辞書は使わないほうが良いと思っているのですが、時々は辞書を使って丁寧に読んでみるのも勉強になると思います。
例えば、分からない単語を推測し、その結果を辞書で確認するようにすれば、語彙力アップに役立ちます。

正直に言って辞書を引きながら読むのは大変な作業です。
あくまで時々にとどめるようにしてください。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

どうやって勉強するのか

辞書を使うのか?
同じ本を繰り返し読む
難しい本を選ばない
どのくらい読めば効果がある?
朗読CD を利用する
朗読CDと一緒に洋書を読む
朗読CDどんな洋書を読む?

英語リスニングの学習法 聞き取りの学習はこちらを参考にしてください。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください