洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

お勉強していると言う感覚が薄い│なぜ洋書で勉強する?

英語のお勉強には苦痛が伴う

通常、英語の勉強をするときは、何か義務感のようなものが付きまといます。
単語を覚えるのが楽しくて仕方がないと言う人はそれほど多くないですよね。
英文法の本を読むのが面白くて時間を忘れて文法書を読んだと言う人もあまりいない気がします。

もちろん、単語を覚える事も、英文法を学ぶことも英語が使えるようになるためには必要なことです。
でも、楽しい作業か苦痛な作業かと考えると、苦痛なほうの作業に入るのです。

お勉強しなければという義務感が薄くなる

一方、洋書を読むと言う行為はどうでしょう?

正しい本を選ぶ事が出来れば、ただの読書です。
ただの読書には、苦痛は伴いませんよね。
通常は。

好きだから小説を読む。
株式投資に興味があるから投資に関する本を読む。
洋書を読むのもこれと同じことです。

興味がある、面白いと思っている分野の本を読む。
唯それだけです。
たまたま、それが英語で書かれているに過ぎないのです。

娯楽だから続けやすい

楽しんで読むのだから、洋書を読むのは苦痛になりません。
少なくとも、通常の英語の勉強のような義務感がない分、楽に取り組めます。

「やらなければならない」というプレッシャーの中で勉強をするのに比べれば、勉強を続けるのが容易であることは想像できますよね。

本選びを間違うと普通のお勉強と変わらなくなってしまう

洋書を読んで英語力をつけると言うのは、取り組みやすい方法です。
ただ、やり方を間違えると、通常の学習と変わらないシンドイものになってしまいます。

よくある失敗の一つが、興味の無い本を選んでしまうことです。
興味の無い本は、日本語で読んだってつまらないですよね。
英語で読めば突然面白くなるなんて事はありません。
自分が興味を持てる本を選ぶことが大事です。

もう一つの失敗は、英語が難しすぎる本を選んでしまうという失敗です。
英語が難しすぎて、辞書を引きながらでないと読めないような本を選ぶ人がいます。
でも、こうなってしまうと、唯のお勉強です。
辞書なしでも読み進められる本を選ばないと、「楽しく」というわけにはいかないでしょう。

自分が興味を持てる分野の本で、レベル的に高すぎない本を選ぶ。
これをしないと、洋書を読んで英語力をつけると言う取り組みが上手くいきません。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

なぜ洋書の読書?

お勉強していると言う感覚が薄い
時間を有効に使える
お金がかからない
訳書より原書で読むほうが面白い
とこんなことが出来るように
英語を英語のまま理解
多読をすると語彙が増える?


英語リスニングの学習法 聞き取りの学習はこちらを参考にしてください。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください