洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

同じ本を繰り返し読む│洋書を使ってどうやって勉強するか

同じ本を繰り返し読みましょう

洋書を読んでいて気に入った本があったら、繰り返し読むことをおすすめします。
同じ本を続けて何回も読んでも良いですし、間を空けて読み直してみても良いと思います。

同じ本を繰り返し読むメリット

1回本を読むことで、その本に書かれている大体の内容を把握することが出来ます。
その上で、2回目・3回目と読めば、文章全体の流れを参考に読んでいくことが出来ます。

例えば、初回には意味が分からなかった単語も、話の流れから推測しやすくなるのです。
読んでいて分からなかった文も推測しやすくなります。
また、初回に意味を調べた単語をちゃんと覚えているかの確認にもなるでしょう。

学習と言う観点から言うと、何冊も違う本を読むよりは一冊の本を何度も読んだほうが効率的なのは間違いないと思います。
語学の基本は、なんと言っても反復ですから。

もちろん、同じ本ばかりだと飽きてしまいます。
モチベーションを維持すると言う観点からすると、新しい本と繰り返し読む本のバランスを取ることが大事です。

期間をあけて同じ本を読むことで、英語力アップが確認できる

期間をあけて同じ本を読むことで、自分の英語力がアップしていることが確認できます。

例えば、ある本を一回読み、その後半年ほど明けて読み直して見たとします。
この間に継続して学習を続けていれば知っている単語も増えますし、文章の読解力も伸びているでしょう。
前回読んだときには苦しんだ本も、時間を空けることで以前よりも容易に読めることに気がつくと思います。

私の場合、前回読んだときより物語の世界がクリアに見えるような印象を受けることがあります。
前回がメガネを掛けないで見たぼやけた景色だとすると、読み直したときはメガネを掛けた時のクリアな景色に見えるのです。

理由はいろいろあると思います。
前回は分からなくて飛ばしていた単語の意味が分かったのかもしれません。
あるいは、単語の細かいニュアンスの違いを感じ取れるようになったのかもしれません。
文の言い回しによるニュアンスも感じられるようになったというケースもあるでしょう。

とにかく、同じ本を読み返すだけで、英語力の伸びを肌で感じることが出来ます。
ぜひやってみていただきたいと思います。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

どうやって勉強するのか

辞書を使うのか?
同じ本を繰り返し読む
難しい本を選ばない
どのくらい読めば効果がある?
朗読CD を利用する
朗読CDと一緒に洋書を読む
朗読CDどんな洋書を読む?

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください