洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

ラダーシリーズ│おすすめの洋書

一時はどうなるかと心配しました

このシリーズ、以前は洋版から出版されていました。
洋版の倒産後どうなるかと注目していましたが、IBC パブリッシングというところに引き継がれているようです。

このシリーズの特徴は、有料で音声データをダウンロードすることが出来ることです。
音声も一緒にと考える人には、向いているシリーズだと思います。

ちなみに、ペンギン・リーダーズなどと比べると、ラダーシリーズの方が若干レベルが高い気もします。

この本もペンギン・リーダーズ同様、ページ数の割には高いなあと言う印象があります。
まあ、ちょっと高めにしないと採算が取れないのでしょうね。


ビジネスけが多いのも特徴

ラダーシリーズの特徴は、ビジネス向けが多い点だと思います。
ペンギンリーダーズなど、海外の出版社のものだと、文化的なものや小説の書き直しが多いように思います。
どちらを選ぶかは、本人の嗜好次第だと思います。

大人には、ラダーシリーズのほうが興味をそそる作品が多いかもしれませんね。

日本に関連したものも多い

もう一つの特徴は、日本に関連したものが多いと言う点です。
日本のことを書いたものだったり、日本の作家の書いたものの英訳が多数あります。

背景知識があるものは読みやすいので、そういう観点からもおすすめできます。



洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

おすすめの洋書 学習者向け

ラダーシリーズ
ペンギン・リーダーズ
英語で読む昔ばなし

おすすめの洋書 子供向け

Fantastic Mr. Fox
Charlie and the Chocolate Factory (チャーリーとチョコレート工場)
Holes (邦題:穴)
Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターと賢者の石)

やさしいビジネス洋書

金持ち父さん貧乏父さん Rich Dad, Poor Dad
チーズはどこに行った Who Moved My Cheese?

洋書で読む おすすめの…

洋書で読む おすすめのミステリー

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください