洋書で英語を学ぶ

やさしい洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

洋書で読む おすすめミステリー

ミステリーはコレがおすすめ

おすすめのミステリーということで、Mystery & Thrillersのベストセラー・リストを調べてみました。
とりあえず、売れている本の傾向を見てみようと思いまして。

リストを見ると、有名な作品が並んでいるという印象でした。amazon.co.jp(日本のアマゾン)の洋書ランキングは、新刊本というよりは、定番の一冊が上位に来るみたいですね。
日本人には新作よりも、評価が定まっている知名度の作品が読まれるということでしょう。
英語を母国語とする、イギリスやアメリカのランキングだと、全く違うのだと思います。

さて、amazon.co.jp のベストセラー・リストからいくつか見ていきましょう。

ダン・ブラウン

まず、おすすめできそうなのが、ダン・ブラウンの「天使と悪魔(Angels & Demons)」です。
映画かもされているので、ご存知の方も多いでしょう。
コレを書いている時点ではトップにいます。

ダン・ブラウンの作品は、比較的平易な英語で書かれていると思います。
ただ、専門用語がちょっと多いので、その部分は大変かも知れません。
あと、比較的ページ数が多いので、読みなれていない人には大変かもしれません。

ダン・ブラウンの作品は、他に「ダ・ヴィンチ・コード(The Da Vinci Code)」も上位にいます。
専門用語が多いのは、「ダ・ヴィンチ・コード」も同じです。
小説としては、「天使と悪魔」の方が面白いかな。

シドニー・シェルダン

次に、書いている時点でランキング2位に入っている、シドニー・シェルダン「ゲームの達人(Master of the Game)」も良いと思います。

実は、この作品は読んだことがありませんが、シェルダンの他の作品はいくつか読んでいます。
どれも面白いので、大きなはずれは無いと思いますよ。

また、彼の文体を読みやすいと感じる人は多いようです。
日本人の英語学習者にはよく読まれています。
単語がやさしいのかなあ?

読みやすさを優先するのなら、顔(The Naked Face)は如何でしょうか?
大人向けに書かれた洋書としてはかなり読みやすいと思います。
ハリー・ポッター シリーズの後半の何冊かの方が難しいくらいです。

ちなみに、シェルダンは英語教材の「家出のドリッピー」や「コインの冒険」などのシリーズの原作を担当したことでも有名です。
「ゲームの達人」はシリーズの上級コースで採用されていたのではないかと思います。
(参考:「家出のドリッピー」について

ダニエル・キイス

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を(Flowers for Algernon)」も上位の方に入っていました。
何年か前に、日本でもドラマ化されたので、ご存知の方も多いでしょう。

かなり読みやすい作品だと思います。
ページ数も少なめですし。
ただ、序盤は敢えて間違った英語を使っているので、英語学習用には向かないかな。

一つ疑問なのは、この作品はミステリーなのかという点です。
amazon.co.jp がミステリーといっているから、ミステリーって事にしておきましょうか。

アガサ・クリスティ

最後に、ランキングのベストテンには入っていませんでしたが、アガサ・クリスティも挙げておきましょう。
もう古典といっても良いでしょうから、ランキングには入らないでしょうね。

作品はどれが良いかなあ。
最初に読むなら、「そして誰もいなくなった」とか「オリエント急行殺人事件」あたりかな。




洋書で英語を学ぶ【ページ一覧】

おすすめの洋書 学習者向け

ラダーシリーズ
ペンギン・リーダーズ
英語で読む昔ばなし

おすすめの洋書 子供向け

Fantastic Mr. Fox
Charlie and the Chocolate Factory (チャーリーとチョコレート工場)
Holes (邦題:穴)
Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターと賢者の石)

やさしいビジネス洋書

金持ち父さん貧乏父さん Rich Dad, Poor Dad
チーズはどこに行った Who Moved My Cheese?

洋書で読む おすすめの…

洋書で読む おすすめのミステリー

洋書の読みやすさ

洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください