やさしい洋書で英語を学ぶ

電子辞書なんぞ必要最小限の機能で良いんじゃ!

洋書を読むときにどうしても利用しなければならないのが辞書です。辞書の使用はそれほど多くない方が良いと思いますが、それでも時々は必要になります。

でも紙の辞書だとかさばるし、電子辞書だと高いし…。そもそも通常の電子辞書には、いらないコンテンツが多すぎですよね。そんなにいらないから、必要最小限の辞書が入った小さくて安い一台が欲しいのです。

そんな一台が登場しました。コンパクトなサイズ、1万円弱という価格、英和・和英だけでなく英英辞典も内臓。洋書や英字新聞を読む時に最適です。学校に持っていくのも邪魔にならないし、旅行にも便利そう。

SHARP電子辞書 Brain (ブレーン) コンパクト

Kindle の利用はなかなか良い選択かもよ

Kindle の日本語サイトがオープンしたのを機に、kindle について色々調べてみました。これまでは、電子書籍の類には、全く興味は無かったのですけどね。

色々調べた結果、だいぶ考えが変わりました。どうも洋書を読みたい日本人には、Kindle はなかなか優れたツールのように思います。

個人的に一番興味深いのが、辞書機能がついていることです。内蔵のプログレッシブ英和中辞典で、本文から目を離さずに単語をチェックできるのは魅力的です。紙の書籍だと、本から大きく視線が外れるので、辞書を使うのは大変なんですよね。

その他、コンテンツの価格の面でも、なかなか魅力的なもののようです。

洋書を読む人ならKindle は便利かもね

洋書の読書のメリット

洋書の読書という学習法を使うメリット

洋書を使うことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?それほどお金を掛けずに、楽しみながら学習できるというのが大きいと思います。そのほかにも色々とメリットが…。

洋書を使った学習のコツ

洋書を使ってどうやって勉強するのか

はじめて洋書を読む人は、疑問も多いと思います。

どんな洋書を選べばいいのでしょうか? どうやって読んでいけばいいのでしょうか? どのくらい読めばいいのでしょうか?

リスニング力も一緒に付けよう

洋書の読書を通してリスニング力を付ける方法

洋書を読むことはリスニング力を高めることにつながります。「話す・聞く・書く・読む」それぞれの力は、独立したものではないからです。

しかし、リスニングの力をさらに伸ばしたいという人には、洋書の読書と並行してできる良い方法があります。英検とかTOEICていどなら、この方法でかなりのレベルまでクリアできると思います。

難しい洋書を読みたいときは…

自分のレベルより難しい洋書を読むコツ

自分のレベルではやさしいと感じる本を読むのが、洋書の読書を成功させるコツだと思っています。でも時には、ちょっと難しい本も読んでみたいと思いますよね。

そんなときはどうしたら良いのでしょうか?

会話文だけ読んでみるというのもありだと思うよ

まだ十分な実力は無いけれど、洋書を読んでみたい。そんなふうに考える人も多いでしょう。ちょっと裏技っぽい方法ですが、そういう人も洋書を楽しめる良い方法があります。

おすすめの読みやすい洋書

おすすめの読みやすい洋書をいくつか紹介します。はじめて洋書を読むという方は、参考にしてください。

外国語として英語を学ぶ人向けの本:おすすめの洋書①
子供向けの本:おすすめの洋書②
ビジネス書・実用書:おすすめの洋書③
洋書で読む おすすめのミステリー

その他

ワンピースを英語で読んでみた│ 漫画は意外と難しいよ

洋書の多読の選択肢に、漫画を加えてみてもいいかもしれません。特に、日本の漫画の英訳だと、内容を既に把握している為に、そうとう読みやすいでしょう。

ただ、漫画は意外と難しいこともあるようです。こなれた口語表現が多いので、なれるのに時間がかかるかもしれないのです。

時事英語を身につけるには易しい英字新聞を読もう

洋書の読書に過剰な期待をするのはやめよう

洋書の読書をするだけで、文法学習も単語を覚えることも不要だと言う人がいます。でも、そこまで都合よく行かないように思います。聞き流すだけで英語が話せるようにならないのと同じことです。

洋書はどの程度読みにくい?ハリー・ポッターを使って検証

「ハリー・ポッターと賢者の石」を通して、洋書を読むことの難しさを探ってみましょう。ネイティブなら小学校5年生6年生位から読める本ですが、私達に難しいと感じられる点もあります。

こんな方法だと洋書の読書は失敗するよ

典型的な失敗例をご紹介します。そういうパターンにはまらないように、気をつけましょう。

旧サイトのコンテンツリスト

最近の更新

白い犬とワルツを

2011年1月29日

To Dance With the White Dog

ごめんなさい、この本に関しては最初の方しか読めていません。
途中で投げ出してしまいました。

決して英語が難しいわけでは有りません。
物語の進行のゆったりした感じに、ちょっとイライラしてしまい…。

この投稿の続きを読む »

若草物語

2010年10月24日

Little Women

昔からテレビアニメなどにもなっているので、ご存知の方も多い作品だと思います。

ちなみに、若草物語という日本語のタイトルは、原題とは全く違います。

原題はLittle Women といいます。

この投稿の続きを読む »

クリスマス・キャロル

2010年10月24日

A Christmas Carol

イギリス人作家、チャールズ・ディケンズによる小説です。

有名な作品ですし、ディズニーによって最近映画化もされたので、ご存知の方も多いでしょう。

発行日が1843年ということで、かなり古い作品ですね。

この投稿の続きを読む »

ビジネス書・実用書:おすすめの洋書③

2010年9月16日

個人的には、外国語学習者向けの本子供向けの本から難しいものに移っていくのがおすすめです。

でも、そういう本は読みたくないという人もいるでしょう。

そういう人におすすめできる、やさしいビジネス書をご紹介します。

有名な本なので、日本語でも読んだ事がある人が多いでしょう。

この投稿の続きを読む »

子供向けの本:おすすめの洋書②

2010年9月16日

児童書を読むのが苦痛にならない人は、児童書から読む事をおすすめします。

難しい語彙の使用は少ないですし、大人向けの本に見られるようなスラングなども無いからです。

といっても、ネイティブ向けの本なので、こなれた表現も多いですけどね。

ことも向けの本といっても、大人が読んでも楽しめる作品も多いです。

この投稿の続きを読む »

スポンサードリンク