‘洋書の選び方’ タグのついている投稿

ニコラス・スパークスの作品は読みやすい

2010年6月14日 月曜日

大学生になったら洋書を読もう」と言う本で、文章が読みやすい作家としてニコラス・スパークスが紹介されていました。

この本では他に、シドニー・シェルダンやロアルド・ダールなども紹介されています。

シドニー・シェルダンは読みやすい作家として、このサイト内でもかつて紹介した事があります。

また、ロアルド・ダールは「チャーリーとチョコレート工場」などを書いた児童文学の作家です。

子供向けの本なので、彼の作品は当然読みやすいです。

その二人と並んで紹介されるくらいだからそうとう読みやすいのだろうと思い、試しに読んでみることにしました。

(続きを読む…)

大学生になったら洋書を読もう―楽しみながら英語力アップ!

2010年6月7日 月曜日

大学生になったら洋書を読もう―楽しみながら英語力アップ!

ご紹介するのは洋書をはじめて読む人のためのガイドブックです。

「大学生」と入っていますが、それ以外の人にも参考になる本だと思います。

高校英語をマスターした程度の人を想定して書かれた本だと言う事でしょう。

前半は、洋書を読むコツや洋書の選び方について解説されています。

そして、後半におすすめの洋書が紹介されていると言った具合の構成になっています。

(続きを読む…)

最初は丁寧読みましょう│洋書の読み方

2010年6月5日 土曜日

読み方のコツに関して、一つ書いておきたいと思います。

洋書を読むときは、最初の数ページは丁寧に読んだほうが良いということです。

その理由は2つあります。

それぞれ、見ていきましょう。

(続きを読む…)