‘読みやすい洋書’ タグのついている投稿

子供向けの本:おすすめの洋書②

2010年9月16日 木曜日

児童書を読むのが苦痛にならない人は、児童書から読む事をおすすめします。

難しい語彙の使用は少ないですし、大人向けの本に見られるようなスラングなども無いからです。

といっても、ネイティブ向けの本なので、こなれた表現も多いですけどね。

ことも向けの本といっても、大人が読んでも楽しめる作品も多いです。

(続きを読む…)

星の王子さま

2010年7月3日 土曜日

The Little Prince
The Little Prince 朗読CD

「星の王子さま」を英語で読みました。

フランス文学を英語で読む必然性がどこにあるか、自分でも多少疑問があります。

翻訳されたものなら、日本語で読んでも良いような…。

それでも、言語としては英語の方がフランス語に近いから、多少ニュアンスが残るかなあと言う感じがします。

実際、邦訳されたものは、色々と批判の対象になっているようです。

翻訳されるとニュアンスが変わるのは、仕方が無いことですけどね。

(続きを読む…)

ニコラス・スパークスの作品は読みやすい

2010年6月14日 月曜日

大学生になったら洋書を読もう」と言う本で、文章が読みやすい作家としてニコラス・スパークスが紹介されていました。

この本では他に、シドニー・シェルダンやロアルド・ダールなども紹介されています。

シドニー・シェルダンは読みやすい作家として、このサイト内でもかつて紹介した事があります。

また、ロアルド・ダールは「チャーリーとチョコレート工場」などを書いた児童文学の作家です。

子供向けの本なので、彼の作品は当然読みやすいです。

その二人と並んで紹介されるくらいだからそうとう読みやすいのだろうと思い、試しに読んでみることにしました。

(続きを読む…)

きみに読む物語

2010年6月14日 月曜日

The Notebook
The Notebook(英語の朗読CD)
きみに読む物語 (ソフトバンク文庫)(邦訳書)

ヒット映画の原作です。

映画も原作も評判が良いみたいですね。

とても読みやすい英語で書かれているので、興味がある人は読んでみても良いでしょう。

(続きを読む…)